0120-773258 年中無休

9:00-20:00

ご予約・お問い合わせフォーム
HOME > トピックス > スタッフブログ > シロアリがいるかチェックする方法!プロの業者がお教えします!

シロアリがいるかチェックする方法!プロの業者がお教えします!

京都と滋賀を中心にゴキブリやネズミ、ハチ、シロアリなどの害虫・害獣駆除サービスを行っています。「京滋の害虫駆除.com」を運営している株式会社マイジョリティサービスです。当社は対応エリアを京都と滋賀に限定し、ウェブ集客に特化し、自社施工することで低価格で高品質なサービスの提要が実現できています。今回はシロアリについてお話ししますが、シロアリと聞くと気が付いた時には食害がかなり進行していた、ということも少なくありません。そういった悲劇にならないためにも、シロアリがいるか確認方法について知っておく必要がありますのでお伝えしようと思います!

シロアリ

 

シロアリがいそうな場所をチェック

家の中にシロアリがいるかどうかを判断するには、被害を受けているかどうかを確認する必要があります。家になにかしらの欠損が見られれば、シロアリが住み着いている可能性は高いです。そのためシロアリがいるかどうかをチェックするには、まずシロアリが巣を作りやすい場所を知ることが大切です。それは主に「暗い(日が差さない)」「外気が当たらない」「湿っている」の3点です。シロアリ被害を受けている住宅は、床板が柔らかくなったり扉の建てつけが悪くなったりと、なにかしらの異常が出てきます。シロアリや羽アリを家の周辺で見かけて、このような異常がある場合はすでに被害をうけている可能性が高いといえます。
またシロアリといえば床下が真っ先に思い浮かびますが、アメリカカンザイシロアリは乾燥した場所に巣を作るので、念のため天井裏もチェックしましょう。

蟻道をチェック

次に、シロアリがいるか見た目で判断するには蟻道の確認が有効です。蟻道とは名前の通りシロアリが通る道のことです。ヤマトシロアリやイエシロアリがエサ(木材)を確保するためにトンネル状の道を作ります。蟻道は餌の食べ残しや糞で形成されており餌場まで続いています。家屋の基礎となっているコンクリートや束石、その上の木部(床束・大引き)に筋状の土のようなものが付着していたら蟻道の可能性があり、高確率でシロアリが住み着いていると考えられます。蟻道は日当たりの悪い場所などでは外に作られることもあるので、家の外壁と床下の両方を確認しましょう。また、蟻道が確認できた場合は、できるだけ衝撃を与えないようにしてください。蟻道を触ったり壊したりするとシロアリが驚いて逃げてしまい、被害を拡大させる原因になってしまいます。なお、アメリカカンザイシロアリやダイコクシロアリは蟻道を作らないので、後述する壁や柱の状態でいるかいないかをチェックしましょう。

柱や壁をチェック

シロアリは家の木材の内側から浸食を始めていきます。そのため、浸食された部分は中身が徐々に空になっていきます。シロアリの食害が進行している場合は柱や壁が空洞化してきます。なので、軽く叩いて音を確認し、空洞音がするようであれば、シロアリに浸食されている恐れがあるでしょう。音が反響しているなら一通り確認してください。また床下・天井裏・外シロアリの存在を目で見て確認するには、家屋の柱や壁に小さな穴があいていないか、周囲にごく小さい木くずや土の塊のようなものが落ちていないか等チェックする方法もあります。

羽アリが飛んでいないかをチェック

現在シロアリがいないようでも将来的にずっと巣が作られないとは言えません。シロアリが家の中にいなくても、家の近くに生息していることも充分に考えられます。庭に植物や切り株がある方は、シロアリを寄せ付けやすいといえます。なぜなら、シロアリは木材を餌として食べますが、なかでも好んで食べるのが湿った木材です。庭の木々は常に外気にさらされており、雨の影響で充分に水分を含んでいます。そういった植物はシロアリの大好物となりおびき寄せてしまうのです。また、枯れ木を放置しておくこともシロアリを引き寄せる原因となってしまい大変危険です。庭を清潔に保つというのもシロアリ対策としては効果を望めるでしょう。
シロアリを発見するのは暗くて風通しの悪い、湿り気のある場所であることが多いため、庭にそういった場所がないか確認しましょう。また、シロアリの羽アリを身の回りで見かけたときに、棲みつきそうな場所を再点検するくらい用心しておけば安心感が増しますね。ご近所で情報を交換するのも良いでしょう。羽アリが巣から飛び立つのは4月~7月頃で、事前に図鑑などで外見を覚えるなど知識をつけておきましょう。

まとめ

今回はシロアリがいるかどうかを自分でチェックする方法をご紹介しました。シロアリは早期発見・早期駆除が重要とされていますが、それ以前に家に侵入させないことがなにより大切です。また、食害が心配な場合はまず確認して現状を把握することが重要でしょう。自分でシロアリを発見できた場合は、業者による駆除を行うことをおススメしています。なかには、シロアリ発見まで至らなかったが本当にいないのか、不安になる方もいるはずです。そういった方は、まず調査だけを業者に依頼してみてはいかがでしょうか。プロの専門業者による調査・駆除は専門知識と専用器具を駆使してシロアリ問題を根本から解決します。ご自宅にシロアリがいるか・いないかがはっきりするだけで、不安な気持ちも楽になるのではないでしょうか。