0120-773258 年中無休

9:00-20:00

ご予約・お問い合わせフォーム
HOME > トピックス > スタッフブログ > 大阪・京都・滋賀エリアの施設様 新型コロナウイルスの消毒・除菌作業を承っております

大阪・京都・滋賀エリアの施設様 新型コロナウイルスの消毒・除菌作業を承っております

※薬剤が不足していましたが、消毒用エタノールが調達できましたので2020/4/7より新規の消毒作業再開いたします。専門チームを作り即応体制を整えております、ご相談、お問い合わせください。3月は5件、4月は15件、5月8件、6月2件の感染者発生後の消毒実績があります。
お問合せの際、平米数をお聞きしますので事前にお調べいただいておりますと、スムーズに受注可能になります。
新型コロナウイルス消毒作業についてのよくある質問のページもございますのでよろしけばご覧ください。
先日、京都市内の保育園に感染予防の消毒に行かせていただき、その様子が読売テレビで放送されました

※京都府にお住まいの皆様、補助金を活用して消毒作業行いましょう!発生後消毒だけでなく予防消毒にも補助金がでる場合があります!詳しくまとめた記事もありますのでご覧いただきご不明な点はお気軽にお問いあわせください。

当社は「京滋の害虫駆除.com」株式会社マイジョリティサービスです。京都・滋賀エリアで害虫駆除・消毒作業を承っております。ウェブサイト集客に特化し、自社施工することで無駄のないサービスを提供しています。清掃サービスも提供しており、「京滋の清掃会社.jp」というサイトも運営しています。

2019年12月以降、中国の武漢市において流行が認められている「新型コロナウイルス」。日に日に日本でも感染者が多くなり4月7日には緊急事態宣言が出されました。最近の報道では新型コロナウイルスにかかっているが無症状のため気づかずに普通に生活をし、他の人に移してしまっているという事例もあるようです。新型コロナウイルスにかからないための予防策は手洗い、うがい、マスクをすることが一番と言われています。商業施設などの出入り口には消毒用アルコールが設置され店内に持ち込まないよう広がらないように対策が取られています。もちろん病院、老人ホーム、介護施設、学校、宿泊施設も同じように消毒用アルコールが設置されていますが免疫力の低いご高齢の方、小さな子供、すでに病気にかかっている方などが利用する為消毒用アルコール設置だけでなく共用部などを事前に消毒作業を行うことをお勧め致します。

消毒作業を行う際も病原菌が蔓延してしまうため、ゴーグル、ガウン、手袋、マスクが必須とされています。消毒液もアルコール濃度の高い消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムを使用する事が一番有効と言われております。目に見えない病原菌消毒作業は慎重かつ安全に行う必要があり、自分たちで作業をする場合病原菌を広げ感染してしまう可能性が高い為、プロの業者に任せ確実に安全に作業を行うことが賢い対策方法です。下記写真にもあるように、当社の消毒作業も、防護服を着用し、ゴーグル、マスク、手袋、長靴を着用しての作業になります。その他にも、出入り口設置用マットも設置し、靴裏の消毒を行い使い捨てのものはその場で処分を行うなど、新型コロナウイルスの蔓延の恐れがないように安全に徹底しております。

当社の消毒作業について全国賃貸住宅新聞社に掲載していただけました

新型コロナウイルス 消毒

新型コロナウイルス 消毒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れといたしましては、まずお客様からお電話にてご依頼内容をお聞きします。お客様としても、急を要することが多いと思いますので、すぐに対応してほしい場合、即日の対応も可能です。はやければ、1~2時間で現場に向かうことができます。新型コロナウイルス対策の専門チームがいるため迅速に対応いたします。対応エリアとしては大阪、京都、滋賀です。対応場所としては、病院、老人ホーム、介護施設、学校、宿泊施設、住宅、オフィス、工場、公共施設です。ウイルスの消毒作業施工実績は、2020年4月現在、大型ショッピングセンター、鉄道会社、スーパー、公共施設、ビル、オフィス、介護施設などへがあります。新型コロナウイルス以外にもインフルエンザ、ノロウイルスの予防にも効果がございますので、消毒、除菌作業をお考えの方は一度当社にお問合せ下さい。

作業内容は大きくわけて2種類の作業を行います。1つ目はアルコール消毒清拭作業です。この作業は感染者が触れた箇所を手作業で拭き取り消毒を行っていきます。デスク、椅子、キャビネット、ドアノブ、手すりなど触れた箇所はすべてアルコールに浸したウエスを一方向にふき取っていきます。ウエスは作業後廃棄いたします。2つ目の作業は空間噴霧(ULV方式)を行います。アルコール(70%希釈)消毒剤を20ミクロン以下の粒子にして空間に散布していきます。短時間の処理で高濃度の薬剤が空間に浮遊することによって空間全体に薬剤が浸透させます。消毒・除菌に有効で効率的な作業方法です。

また、今回の新型コロナウイルスへの私たちひとりひとりができる対策記事もございます。こちらも併せてよろしければご覧ください。

新型コロナウイルス対策!掃除・消毒をして接触感染を防ぎましょう!

新型コロナウイルス対策ではございませんが食中毒殺菌作業の事例ブログがございますのでご参考にご覧ください。
食中毒対策には殺菌処理作業を!食中毒発生時の殺菌消毒も行っています

殺菌消毒作業