0120-773258 年中無休

9:00-20:00

ご予約・お問い合わせフォーム
HOME > トピックス > スタッフブログ > 京都市南区 新型コロナウイルス 消毒殺菌作業 (介護施設様)

京都市南区 新型コロナウイルス 消毒殺菌作業 (介護施設様)

当社は「京滋の害虫駆除.com」を運営する株式会社マイジョリティサービスです。京都と滋賀を対応エリアとしウェブマーケティングに特化することで低価格で高品質なサービスの提供を実現しています。総合的な害虫、害獣駆除サービスとしてシロアリ、ゴキブリ、ネズミなどや食中毒などの殺菌処理作業、近年では新型コロナウイルスの予防消毒、発生後消毒も承っています。ちなみに、当社の消毒作業の様子がメディアに取り上げられ大きな反響をいただきました。全国賃貸住宅新聞にも掲載していただきました。よろしければ一度ご覧ください。

今回、京都市にある介護施設様から新型コロナウイルス感染者発生後の消毒のご依頼をいただきました。新型コロナウイルスの影響で、個人・法人関わらず、衛生面に非常に敏感な方が増えたように感じます。実際に、感染症の予防消毒のご依頼も増加傾向にありますし、当社姉妹サイト「京滋の清掃会社.jp」からはエアコンクリーニングの注文も多くいただいております。特に今回の介護施設様といった施設管理者様からご相談が多く、「新型コロナウイルスの感染者が出た場合の消毒をおこなってもらえるか、その場合の流れはどうなるのか」「実際にクラスターが発生し感染者があっという間に広がったので消毒してほしい」「いろんな会社を探していたところ、ここまでいろんな事例のブログを書いている会社ははじめてだったので安心し、依頼した」といった内容でご相談をいただいております。

消毒殺菌作業と聞いても聞きなれない言葉なので、どういった作業をするかいまいちわかりにくいと思います。殺菌作業とは、感染者の方が頻繁に触られたり接触したりする部分を中心に消毒を行います。具体的には、ドアノブ、トイレ、取っ手、ボタン、蛇口、手すりなどになります。この作業は清拭消毒といい一方向のみに拭き上げふき取ったウイルスが再度付着しないようにします。ウエスは作業後は廃棄いたします。空間には薬剤噴霧(ULV)をおこないます。消毒に使用する薬剤は、厚生労働省のガイドラインに基づいた薬剤アルコール70%、次亜塩素酸ナトリウム0.05%以上を使用します。目に見えない病原菌の消毒作業は慎重かつ安全に取り組まなくてはなりません。自分達で作業する場合、病原菌を広げてしまう可能性がありますのでプロに依頼するのが賢い対策方法です。(今回の介護施設様はお写真をお取りすることができなかったので、下記写真は以前の消毒作業の際のものです。)

お問い合わせの流れといたしましては、お客様が消毒を希望する現場の範囲をマーカーで塗った図面を、メール(keiji-pestcontrol.com)もしくはFAX(075-874-4211)にてお送りください。そうするとすぐにお見積もりをだすことができます。効果的な作業でなるべく費用を抑えた提案をさせていただきます。また、予算があわずどうしても自分達で行わないといけないこともあるかもしれません。そういった方々のために、当社では自分でできる消毒方法をまとめたページもありますので、よろしければ参考にしてみてください。

当社は新型コロナウイルスだけでなくO-157などの食中毒、ノロウイルスなどが発生した後の消毒も承っています。発生後は緊急性が高く迅速な緊急対応が求められるため、当社では専属のチームをつくり、即日対応が可能となっています。はやければ場所にもよりますが2時間程度で到着することも可能です。作業完了後には作業箇所を添付し報告書の作成もいたします。

お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。