0120-773258 年中無休

9:00-20:00

ご予約・お問い合わせフォーム
HOME > スタッフブログ > ゴキブリ駆除 > 京都市左京区 ゴキブリ駆除(オフィス)

京都市左京区 ゴキブリ駆除(オフィス)

京都と滋賀を中心にゴキブリやネズミ・シロアリをはじめとする様々な害虫や、イタチ・アライグマなどの害獣の駆除サービスを行っています株式会社マイジョリティサービスです。当社はウエブ集客に特化し、対応エリアを京都と滋賀に限定し自社施工することで、無駄をなくし低価格で高品質なサービスの提供を実現しています。また動画や記事の配信を行い、誰が見てもわかりやすいサイト作りを心がけています。

ゴキブリ駆除

先日定期管理を行っている京都市左京区の会社にゴキブリ駆除、予防作業に行ってきました。こちらの会社様とは、かれこれ5年のお付き合いをしていただいており、毎年夏本番前にお伺いさせていただいています。以前は連日のように給湯室に出没するクロゴキブリを、スプレーで駆除していたそうです。しかし、年に何度も出没するようになり「プロの駆除業者にしっかりとした駆除作業をお願いしたい」とお電話をいただいたことがきっかけとなり、定期管理をすることになりました。作業内容としてはゴキブリが発生した給湯室、トイレなどを中心に駆除作業をしていきます。作業を行う際は薬品を散布、ベイト剤を設置する為、オフィスがお休みの日に施工をさせて頂いております。ゴキブリ駆除の作業方法や料金表を記載した記事がございますので、参考までにご覧になってみてください

ゴキブリの駆除の流れついて

京都市下京区 ゴキブリ駆除 定期管理(飲食店)

 

国内で家屋の中にまで侵入してくるゴキブリは、主にクロゴキブリ、チャバネゴキブリ、ヤマトゴキブリ、ワモンゴキブリの4種類です。その中でクロゴキブリは名前の通りツヤのある黒色をしており、胸部が大きく太いのが特徴です。成虫の体長は25~35㎜程度で、寒さに強く普段は屋外に住んでいることがほとんどです。昼間はマンホールやゴミ置き場など湿気の多い場所で生活をしていますが、夜になると屋内にエサを求め侵入してきます。クロゴキブリは雑食性で、食料品以外でも木材やバルブ、革製品までも食害を与えます。では、クロゴキブリはどのように屋内に侵入してくるのでしょうか。人が家に出入りするときに玄関から侵入したり、換気をするために開けっ放しにしている窓や、網戸から侵入してくることもあります。また、2~3階程度の高さでしたら飛ぶことができますので、低階層のアパートやマンションの部屋でしたらベランダから侵入してくることもあります。窓や網戸をきちんと閉めていなかったり、閉めていても網戸に穴が開いていたりすると侵入口になりますので注意が必要です。また、ゴキブリは湿度が高いところを好むため、排水溝や排水口を通って侵入してくることもあります。エアコンの配管や換気扇、通風口なども外につながっている場所なので、油断はできません。意外と思うかもしれませんが、宅急便の段ボールにくっついて家に侵入してくることもあります。荷物を受け取ったら、段ボールの底なども注意して見るようにするとよいでしょう。玄関のそばに観葉植物を飾っているお宅では、植木鉢がゴキブリの隠れ場所になっていることもありますので、ドアの開け閉めの際には注意が必要です。このようにゴキブリは知らず知らずのうちに屋内に侵入してきます。もしゴキブリを見つけたら、早急に駆除を行うことが大事です。ゴキブリを全滅させる方法を詳しく解説した記事がございますのでご覧ください。

ゴキブリを全滅させる方法!害虫駆除会社がお教えします!

 

侵入口をふさぎ、駆除をしたらゴキブリが好まない環境を保つことがゴキブリを増やさないことにつながります。まずは、こまめに部屋を掃除することです。食べかすや髪の毛、ほこりなど部屋の中のあらゆるものがゴキブリのエサになります。部屋の中をしっかりと掃除して清潔な状態を保つようにしましょう。ドアや窓は開けっぱなしにせずにきちんと閉めることはもちろんですが、隙間ができてしまう場所は隙間テープなどで埋めると、ゴキブリだけでなく小さな虫の侵入も防ぐことができます。エアコンや換気扇などもストッキングやフィルターでカバーをするとよいでしょう。カバーのできない場所は置き型の駆除剤を使い、ゴキブリが部屋に侵入できないようにしましょう。食事の後も、食べ残しは長い時間そのままにせず、早めに片づけるように心がけてください。また、観葉植物は土や葉の部分に卵を産み付けられてしまうこともありますので、注意してください。植木鉢の受け皿にたまった水もゴキブリが水を飲みにくることがありますので、こまめに取り換えるようにしましょう。段ボールや雑誌類は保温性があり、ゴキブリが卵を育てるのに最適な場所です。不要な段ボールは放置せずに早めに処分しましょう。このように予防や対策を根気よく続けることが、ゴキブリに遭遇する確率を減らすことにつながるといえるでしょう。ゴキブリの侵入経路や対策を詳しく解説した記事がございますので、よろしかったらご覧ください。

ゴキブリの侵入経路と対策を解説!プロの業者が教えます!

 

作業も終わり、お客様にも喜んで頂けました。当社ではお客様に少しでも安心していただけるように「お客様の声」や「事例記事やコラム記事」の更新をできるだけ多くおこなっています。また、お支払い方法も以下の決済方法を導入しています。