0120-773258 年中無休

9:00-20:00

ご予約・お問い合わせフォーム
HOME > スタッフブログ > その他害虫駆除 > 京都府八幡市 コウモリ対策(工場)

京都府八幡市 コウモリ対策(工場)

京都と滋賀を中心にゴキブリやネズミ、ムカデ、シロアリ等の害虫および害獣駆除サービスを行っています、株式会社マイジョリティサービスです。当社では「京滋の害虫駆除.com」を運営しており、ウェブ集客に特化し、自社施工、エリアを限定することで無駄を省き、低価格かつ高い品質を維持しながらも、迅速なサービス提供を実現しています。

コウモリ対策

先日、京都府八幡市にある工場より「コウモリが飛び回っていて仕事に支障をきたすので対策をお願いしたい」とのご依頼をいただきました。ご依頼をくださったのは工場長で、少しでも早く処理してほしいとのことでしたので、お客様のご都合に合わせて当日の夕方に現場へお伺いしたところ、目視で確認できるだけでも15匹程度のコウモリが工場内を飛び回っていました。

コウモリをしばらく観察して侵入経路を確認したところ、天井に設置された換気扇から出入りしていることがわかりました。換気扇の1つが壊れていて、コウモリはその換気口を使って工場の外と中を行き来していたようです。今回はコウモリを追い出して、コウモリの侵入経路となっていた壊れた換気扇に防虫網を取り付けるという作業を提案させていただきました。工場長にご了承いただいたうえで作業を実施させていただき、工場内に散らばったコウモリの糞の清掃や消臭も併せて実施し、作業完了となりました。

なお、コウモリはハトやイタチと同じく「鳥獣管理保護法」によって保護対象となっているため、捕獲をしたり傷つけたりするような駆除方法は取ることができません。万が一「鳥獣管理保護法」に違反してしまった場合、「1年以下の懲役」または「100万円以下の罰金」を科せられる可能性があります。同じく駆除の困難な害獣に関する記事がございますので、よければこちらもご覧になってみてください。

京都市上京区 コウモリ駆除(個人宅)

京都府宇治市 ハト対策 (工場)

京都市伏見区 イタチ駆除 (管理会社様)

 

日本で見かけるコウモリのほとんどは「アブラコウモリ(イエコウモリ)」という種で、個体差はありますが体長は5センチ程度、5~10グラム程度の非常に小柄な生物なので、数センチの隙間があれば建物の中に侵入してきます。コウモリ駆除の際は追い払うだけではなく、今回のように侵入経路を見極めて塞ぐことが重要です。

アブラコウモリは基本的に人間を襲うことが無いため、住み着くことによる主な被害は「糞」によるものとなります。今回の場合、工場内だけではなく、出入りをしていた換気口内にも糞が散乱していました。放置をすると悪臭が発生、雑菌が繁殖、ノミやダニが発生するなど、被害が拡大する恐れがあるため早めに処理しなければなりません。また、コウモリは基本的には夜行性のため、一般の住宅にコウモリが住み着いてしまった場合は羽ばたく音や鳴き声などによる騒音被害も発生します。また、コウモリの身体にも雑菌や病原菌などが付着している恐れがあるため、素手で追い払おうとしないようにお気を付けください。

コウモリの駆除は素人の方でもできないわけではありませんが、おすすめはできません。作業場所が屋根裏など普段人の入らない場所となることが多く、不用意に覗き込んでしまうとコウモリと接触してしまったり、糞や雑菌などを吸い込んでしまったりする恐れがあります。さらに、コウモリを追い出した後の隙間を塞ぐ処理や清掃、消毒処理などもきちんと実施しないと再びコウモリが住み着いてしまったり、健康被害が出てしったりする可能性があるため、ご自身で駆除作業を実施しようと思われる場合は、「鳥獣管理保護法」も意識しつつ、安全性にも配慮をして作業されてください。ご自身で作業をされるかどうかは別として、コウモリ被害に悩まされているようでしたら、お近くの駆除業者にお問い合わせだけでもされてみてください。京都・滋賀にお住まいの方は、当社であれば基本的には現場の調査や見積もりが無料です。さらに、当初の見積もりにない費用に関しては、勝手に請求額に追加するようなことは絶対にいたしません。ご納得いただけないまま無理に契約を迫ることもありませんので、安心してご連絡ください。