0120-773258 年中無休

9:00-20:00

ご予約・お問い合わせフォーム
HOME > スタッフブログ > ハト対策 > 京都府城陽市 ハト対策(社宅マンション)

京都府城陽市 ハト対策(社宅マンション)

京都と滋賀を中心にゴキブリやネズミ、ハチ、シロアリ等の害虫・害獣駆除サービスを行っています、株式会社マイジョリティサービスです。「京滋の害虫駆除.com」の運営を行っております。当社はウェブサイトに特化、対応エリアを京都と滋賀に限定し、自社施工することで低価格で高品質なサービスの提供を実現しています。

今回は京都府城陽市にある会社様から、社宅のマンションにハトが頻繁に出入るする為、対策してほしいとのことで、お伺いしました。ハト対策の中でも大きな効果を発揮するのが、ハト対策用ネットです。その効果の信憑性から、ハト対策の切り札とも言われます。しかし、設置の仕方を間違えると、時には逆効果になってしまうこともあります。今回のお客様も、以前はご自身でネットを取り付けていたが、上手くネットが張れず、たるんだ隙間からハトが何度も入ってくるとのことで、個人での取り付けが難しいと仰っていました。また、取り付けていたネットが風で飛ばされてしまった為、今回は業者に依頼し、ネットの取り付けを行いたいとのことで、ご依頼いただきました。ハト対策に、なぜハト除けネットが有効かというと、ハトが飛来するその経路を物理的にシャットアウトすることができるので、ハトは強制的に締め出される形になるからです。ハトへの対処法には、剣山や薬剤などさまざまなものがありますが、その多くが、営巣段階にある鳩には効果を出しづらいものになっています。ネットを使えば、物理的にハトを締め出すことができるので、ある程度ハトの執着が強くなった段階であっても、効果を出すことができると言われています。しかし、ハト除けネットの欠点は、設置方法が甘いと逆効果になってしまうというところです。ハトはねぐらや巣がある場所に対してすさまじい執着心を持つ鳥なので、簡単には諦めません。ネットの設置に少しでも粗があれば、そこを狙って体をねじ込み内側へと侵入します。侵入した後のハトにとって、ネットはむしろ防御壁の役割を果たし、ベランダが外敵に脅かされることのない安全な空間へと変わってしまうのです。また、侵入した後で外へ出られなくなり、ネットの内側でハトが餓死してしまうこともあります。そうならないためにも、ネットを設置するのであれば徹底的に寸分たりとも隙を作らないよう設置することが必要になります。ただでさえ駆除にはコツがいるハトですが、巣を作られた後の駆除はもっと難航します。

 

ハトは鳥獣保護法で守られていて、無許可で殺傷することは法律で禁止されています。気をつけなければいけないのが、鳥獣保護法は成鳥だけでなく、雛や卵や巣そのものにも適用されるということです。物理的な攻撃をせず、例えばわざと餌を食べられないような状態にしても、処罰の対象になります。雛や卵のある巣を落とす・撤去するといった行為や、巣がある木を切り倒すことも違法になります。公共の場所のみならず、私有地内でも適用される法律なので注意が必要です。巣を作られると卵や雛が生まれる可能性が高く、自分だけで徹底的な駆除をするには鳥獣保護法が妨げになってしまうという事態に陥りやすいのです。処罰として、一年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられるので注意しましょう。また、ハトが嫌う環境や対策についても詳しくご紹介しておりますので、是非こちらも併せてご覧ください。

ハトが嫌う環境とは?ハト対策についてプロの害虫駆除業者がお教えします!

 

作業としては、専用のネットを張り、侵入口をしっかり塞ぎ固定しました。お客様にも確認いただき、安心できたとご満足いただきました。お支払いに関しても、当社は常にお客様に選択しやすいサービスを目指しています。法人様は請求書払いが多くなっていますが、個人のお客様向けに様々なお支払い方法をご用意しております。PayPayや楽天pay、auPayなどのQRコード決済、クレジットカード決済、イコカやナナコなどの電子マネー決済、現金払い、コンビニ後払いなどがございます。ここに記載していないお支払い方法もございますのでお問い合わせの際にお尋ねください。

お支払い方法多数ご用意しております!